ブログ

分散登校2日目Bグループの登校

〔5月13日(水)〕

 今日は分散登校2日目、Bグループ145人の登校日でした。バス便には、担当教員が乗り込み、バス通学生を迎えました。また、役場支所前でも、交通指導を行いました。昨日のAグループもそうでしたが、どの通学班も右側を一列で歩けていました。また、横断歩道では、班長が安全旗をうまく利用して、下学年の児童を安全に渡らせてくれていました。

 朝の会では、昨日に続き、校長から子どもたちに次のような言葉がけを行いました。

「おはようございます。今日は、5月に入ってから、初めての登校日となりましたね。みなさんが元気に登校してくれて、先生方は、みんなうれしいです。コロナウイルスという病気にかからないため、野村小学校でも、4月20日からお休みになっていました。その間、みなさんはお家の人と一緒に、病気にかからないよう、気をつけながら生活していたことでしょう。日本全国で、病気と戦ってきたおかげで、病気にかかる人の数も減り始めてきました。そこで、学校は臨時休業が続いていますが、一週間に2日ずつ、全校を半分ずつに分けて、登校することとしました。学校内の三密を防ぐため、お友達の数は半分ですが、もう少しの我慢です。今週と来週、先生のおっしゃることをよく聞いて、学校での安全で安心な生活の仕方について、みんなでしっかりと学んでいきましょう。」

 大変ありがたいことに、昨日144名、本日145名全員元気に登校してくれました。保護者の皆様、本当にありがとうございます。しばらくの間、この形での登校が続きますが、ご協力のほど、よろしくお願いします。

 地域のみなさま。子どもたちが地域の道を通って登下校しますが、出会いましたらお声かけをお願いいたします。