ブログ

2020年5月の記事一覧

安全な登下校を目指して

〔5月29日(金)〕

 今週から始まった完全登校も5日目を迎えました。本日は全員元気に登校してくれました。

 さて、安全な登下校のために今週は2つのことをしました。

 まず一つ目は、信号機のない横断歩道を渡る通学班の再確認を行いました。また、野村教育課から特大地図を用意していただき、今通っている箇所が最も安全であるかどうかを話し合いました。

 二つ目は、ハチの巣の確認と駆除です。先日、ある通学班の児童から「通学路にハチの巣があり、こわい。」という話がありました。そこで早速職員が場所を確認し出向きました。巣は数個ありましたが、幸い駆除可能な大きさでしたので、手持ちの殺虫剤で駆除を行いました。

 今後とも、ご家庭と連携しながら、危機管理をしていきたいと考えています。

 

待ちに待った学校再開です

〔5月25日(月)〕

 愛媛県下の公立学校は、本日から待ちに待っていた学校再開となりました。

 野村小学校では、バス便の密集を防ぐため、先発便と後発便での登校を行い、1時間目は、8時55分からの開始です。下駄箱の靴もびっしりと埋まり、学校再開を実感することができました。

 学校での新しい生活様式を確認しながらのスタートとなりましたが、各学年とも活気にあふれていました。

 給食の配膳は、教職員だけで行ったり、手袋をつけたりして対応しています。また、全員前を向いての食事を行いました。

 ご家庭には、毎朝の検温やマスクの持参など、引き続きのご協力を、よろしくお願いします。

分散登校第2週目です

〔5月18日(月)〕 

 分散登校が始まって、第2週目となりました。児童玄関の掲示も鯉のぼりが「おかえりなさい」と、子供たちを迎えています。

学習だけでなく、休み時間の過ごし方やその後の手洗いの仕方、給食の配膳や食べ方など、今後始まる全員での登校に備えて、みんなで気をつけながら、そして工夫しながら学校生活を送っています。

 下校時には雨模様となりましたが、まず、バス通学児童がホールに集まって下校した後、徒歩通学児童が下校するなど、密集を少しでも避ける工夫も行いました。

 ※ 5月10日付けのジュニアえひめ新聞「集まれ俳句キッズ」に現5年生の子供たちの俳句が6句紹介されました。夏井いつきさんからは「季語に思いを託す野村の俳句キッズたち」と褒めていただきました。

分散登校2日目Bグループの登校

〔5月13日(水)〕

 今日は分散登校2日目、Bグループ145人の登校日でした。バス便には、担当教員が乗り込み、バス通学生を迎えました。また、役場支所前でも、交通指導を行いました。昨日のAグループもそうでしたが、どの通学班も右側を一列で歩けていました。また、横断歩道では、班長が安全旗をうまく利用して、下学年の児童を安全に渡らせてくれていました。

 朝の会では、昨日に続き、校長から子どもたちに次のような言葉がけを行いました。

「おはようございます。今日は、5月に入ってから、初めての登校日となりましたね。みなさんが元気に登校してくれて、先生方は、みんなうれしいです。コロナウイルスという病気にかからないため、野村小学校でも、4月20日からお休みになっていました。その間、みなさんはお家の人と一緒に、病気にかからないよう、気をつけながら生活していたことでしょう。日本全国で、病気と戦ってきたおかげで、病気にかかる人の数も減り始めてきました。そこで、学校は臨時休業が続いていますが、一週間に2日ずつ、全校を半分ずつに分けて、登校することとしました。学校内の三密を防ぐため、お友達の数は半分ですが、もう少しの我慢です。今週と来週、先生のおっしゃることをよく聞いて、学校での安全で安心な生活の仕方について、みんなでしっかりと学んでいきましょう。」

 大変ありがたいことに、昨日144名、本日145名全員元気に登校してくれました。保護者の皆様、本当にありがとうございます。しばらくの間、この形での登校が続きますが、ご協力のほど、よろしくお願いします。

 地域のみなさま。子どもたちが地域の道を通って登下校しますが、出会いましたらお声かけをお願いいたします。

分散登校を開始しました

〔5月12日(火)〕

 臨時休業中ではありますが、本日から分散登校を開始しました。久しぶりの登校では友達や先生方との再会に、笑顔がこぼれていました

 朝の会では、校内放送で校長からのお話があり、その後、各教室での学習がスタートしました。

学校生活での感染予防についての確認や、これまでの家庭学習の確かめ、また明日以降の家庭学習の進め方などについて、学年ごとに進めていきました。教卓前の透明シートや、先生方が使用しているフェイスシールドを見て、子供たちも感染拡大防止の大切さを感じてくれているようでした。

 明日のBグループの子供たちも、元気に登校してくれることを、楽しみにしています