西予市立野村小学校  

 

〒797-1212
愛媛県西予市野村町野村11-43-1
Tel   0894-72-0027
Fax  0894-72-1058

お知らせ

聞いてみてください⇒ 「のむらからの手紙~応援するけんがんばってや~」

最新のお知らせ

7月10日(金)

★本日も大雨警報発令中ですが、気象情報(降水予報)を確認した結果、通常通り授業を行います。

ただし、放課後の特別練習は行いません。気をつけて、登校するようお声掛けをお願いいたします。
今後、下校につきまして、天候等の事情により、変更することになりました時は、12時30分にメール配信にてお知らせします。変更のない場合は、配信しません。よろしくお願いいたします。

 

ブログ

野村小学校日記

乙亥会館を訪問しました(6年生)

〔7月10日(金)〕

 7月9日(木)、6年生全員で乙亥会館を訪問しました。

 まず、追悼献花台に準備していただいた花を献花し、犠牲となられた方々のご冥福をお祈りしました。

 そのあと、ロビーに設置していたモニターから流れていた「のむらからの手紙~応援するけんがんばってや~」のVTRをみんなで視聴しました。この歌は、復興支援課の皆さんに協力いただいて、アカペラコーラスグループのINSPi(インスピ)さんと作った歌です。新型コロナウイルスにより不安感に包まれた今だからこそ、2年前に受けた支援への感謝を歌にして伝えることができないかと考え、オンライン授業を積み重ねて作りました。野村の子供たちのやさしさや素直さがいっぱいの歌となりました。途中からは、VTRに合わせてみんなで歌いました。

 コロナ禍や大雨警報発令による臨時休業など、多難な1学期となっていますが、保護者の皆様や地域の皆様に支えられ、子供たちはすくすくと育っています。今後とも地域の宝である野村の子供たちをよろしくお願いいたします。

クリック→  「野村からの手紙~応援するけんがんばってや~」   

 

租税教室をおこないました

〔7月6日(月)〕

 7月3日(金)、6年生は、八幡浜税務署より講師の方にきていただき、租税教室を行いました。 

 授業では、「税金はなぜ必要か」について話をしていただいたり、税金クイズをしたりしながら楽しくわかりやすい授業をしていただきました。また、1億円の入ったジュラルミンケースを用意していただいてその量を実感したり、国の予算が約100兆円であることを教えていただいたりもしました。

 ビデオ視聴では、世の中から税金がなくなったとしたら・・・というテーマ内容で、視聴後の感想では、税金がとても大切だということがよく分かったという意見がたくさん出ました。税金の必要性についていろいろな勉強ができた1時間でした。

 

交通安全教室をおこないました

〔6月24日 (水)〕

 6月23日(火)、西予警察署・交通安全協会野村支部・保護者の皆様のご協力を得て、4年生児童を対象に交通安全教室を実施しました。運動場に特設コースを設置し、子どもたちが実際に自転車に乗りながら、真剣に交通ルールについて学習ました。
 交通事故は、絶対にあってはならないこと。引き続き、子どもたち大切な命の見守りをお願いいたします。

運動場のイブキの木

〔6月22日(月)〕

 先週の金曜日は、大雨警報発令に伴う臨時休業の対応をありがとうございました。

 安全の日である6月20日が休日であったため、今日22日には、野村交番の警察の皆さんや地域の交通安全協会の皆さんが登校の安全指導をしてくださいました。

 さて、運動場の南側、国道に近いところに生育する立派なイブキの木をご存知ですか。上学年の子どもたちが時々木登りをして楽しんでいます。保護者の皆様の中にも、小学生のころ木登りをした経験をお持ちのある方もおられることでしょう。

 このイブキの木ですが、四方に広がる枝の一本に亀裂が入り、うんていに寄りかかっていたので、さっそく職員で枝の伐採を行いました。おかげで、そばにある鉄棒やうんていでの遊びは、いつもどおりにできるようになりました。

 夏の暑い時期には、大きな陰を提供してくれるありがたい木でもあるイブキの木。大イチョウとの木とともに、こらからも大切に管理していきたいと思います。

クロッキーにボール運動

〔6月9日(火)〕

 完全登校3週目です。今日も、各学年で、様々な授業が行われました。

 4年生はクロッキー。モデルの児童がポーズをとり、はしペンを使って表現しました。また、総合的な学習の時間では、インターネットの調べ学習です。情報にたどり着くために、検索の工夫をしていました。

 6年生はボール運動です。ベースボール型のゲームをする中で、ルールや作戦を工夫して楽しく競い合っていました。

 休み時間には、子供たちから「ホタルを見に行った。」「ツバメがひなを生んだ。」など、自然豊かな地域ならではの話も聞かせてもらいます。各地では、真夏日を通り越して猛暑日のところも出始めました。「しっかり食べる、しっかり寝る」など規則正しい生活をして、明日以降もが元気に登校してほしいと思います。

1年生をむかえる会

〔6月5日(金)〕

 今週は、延期していた行事を二つ行いました。水曜日は「1年生をむかえる会」木曜日は「避難訓練」です。

いずれも3密に留意しての実施です。

 1年生をむかえる会は、ワークコートでの実施でした。6年生がアーチを作って1年生を迎えてくれました。1年生の紹介の後は、手作りの王冠のプレゼントです。2~5年生は1階や2階の窓から見守ってくれました。

 避難訓練は、「地震発生、その後火災発生」という想定で行いました。1年生は初めての訓練ですが、しっかりと机に潜って頭を守っていました。講評では、校長から「どの学年も真剣に通り組むことができていました。」とほめてもらいました。

植物の世話をしています

〔6月2日(火)〕

 完全登校も2週目を迎えました。1年生と2年生は、ワークコートで生き物の世話をしています。毎朝登校してからの水やりが日課です。2日間のお休みの間に、背丈が大きくなっていることに気が付いたり、双葉と本葉の形が違うことに気づいたりしていました。

 また、午前中に、ワークコートで保健指導と体重測定も行われていました。保健指導では、養護教諭が、①手洗いと消毒②マスク③換気の大切さを学年に応じてわかりやすく説明をしました。感染防止の生活様式への理解が高まりました。

 

 

安全な登下校を目指して

〔5月29日(金)〕

 今週から始まった完全登校も5日目を迎えました。本日は全員元気に登校してくれました。

 さて、安全な登下校のために今週は2つのことをしました。

 まず一つ目は、信号機のない横断歩道を渡る通学班の再確認を行いました。また、野村教育課から特大地図を用意していただき、今通っている箇所が最も安全であるかどうかを話し合いました。

 二つ目は、ハチの巣の確認と駆除です。先日、ある通学班の児童から「通学路にハチの巣があり、こわい。」という話がありました。そこで早速職員が場所を確認し出向きました。巣は数個ありましたが、幸い駆除可能な大きさでしたので、手持ちの殺虫剤で駆除を行いました。

 今後とも、ご家庭と連携しながら、危機管理をしていきたいと考えています。

 

待ちに待った学校再開です

〔5月25日(月)〕

 愛媛県下の公立学校は、本日から待ちに待っていた学校再開となりました。

 野村小学校では、バス便の密集を防ぐため、先発便と後発便での登校を行い、1時間目は、8時55分からの開始です。下駄箱の靴もびっしりと埋まり、学校再開を実感することができました。

 学校での新しい生活様式を確認しながらのスタートとなりましたが、各学年とも活気にあふれていました。

 給食の配膳は、教職員だけで行ったり、手袋をつけたりして対応しています。また、全員前を向いての食事を行いました。

 ご家庭には、毎朝の検温やマスクの持参など、引き続きのご協力を、よろしくお願いします。

分散登校第2週目です

〔5月18日(月)〕 

 分散登校が始まって、第2週目となりました。児童玄関の掲示も鯉のぼりが「おかえりなさい」と、子供たちを迎えています。

学習だけでなく、休み時間の過ごし方やその後の手洗いの仕方、給食の配膳や食べ方など、今後始まる全員での登校に備えて、みんなで気をつけながら、そして工夫しながら学校生活を送っています。

 下校時には雨模様となりましたが、まず、バス通学児童がホールに集まって下校した後、徒歩通学児童が下校するなど、密集を少しでも避ける工夫も行いました。

 ※ 5月10日付けのジュニアえひめ新聞「集まれ俳句キッズ」に現5年生の子供たちの俳句が6句紹介されました。夏井いつきさんからは「季語に思いを託す野村の俳句キッズたち」と褒めていただきました。