ブログ

野村小学校日記

ホウセンカとヒマワリの種まき(3年生理科)

〔5月6日(木)〕

 大型連休最終日の昨日は、午前中大雨でしたが、今日は朝から上天気となりました。5日間のお休みを終え、子どもたちは元気に登校してくれました。

 学級園では、グリーンピースやソラマメが元気よく育っています。また、ワークコートでは2年生が種からミニトマトの栽培にチャレンジしています。

3年生では、理科の時間にホウセンカとヒマワリの種を植えました。一人一人がポットに土を入れた後、種をまきました。これから観察・実験などに関する技能を身に付けるとともに、「植物の育ち方には一定の順序があること。また、その体は根、茎及び葉からできていること」を学んでいきます。

学校探検(生活科)

〔4月30日(金)〕

 4月最終日、1年生と2年生は、生活科の時間に「学校探検」を行いました。今日は、先輩の2年生が案内役です。2年生は、事前に案内したい教室や特別教室を決め、どんな部屋なのか、どんな時に利用するのかをグループでまとめていました。今日は、その資料を持っての案内です。7~8名のグループになり、校舎内を回りました。校長室ではソファーに座って校長先生に自己紹介や質問をしました。

 3月まで1年生だった43名の2年生が、しっかり者のお兄さんとお姉さんになっていて、大いに1年間の成長を感じることができました。

道徳の学習

〔4月27日(火)〕

 4月もあっという間に最終週です。校庭には暑さ対策のミストシャワーが準備されました。

 月曜日は、5年生と6年生で道徳の学習を行っていました。

 5年生は「おじいさんのあたたかな目」。日々の生活が多くの人々の支えによって成り立っていることに感謝し、それに応えようとする意欲を高めるねらいです。

 6年生は「自分らしく」。3つの詩を鑑賞し、自分らしさについて考えるとともに、長所をさらに伸ばしていこうとする意欲を高めるねらいです。

 各学年とも、よりよく生きるための基盤となる道徳性を養うための学びを年間を通して行います。

 また、3年生は、図画工作で「絵具と水のハーモニー」を楽しんでいました。

振り子の運動(5年生 理科)

〔4月22日(木)〕

 学校生活も4週間目となりました。昨日は「1年生を迎える会」を屋外のワークコートで行いました。ワークコート内は1年生と6年生のみ、他の学年はホールや2階、3階から参加し、密集を避ける形態で行いました。

 5年生の理科では「ふりこの運動」の学習をしています。設定した課題に対して予想や仮説を基に実験を行い、結果をまとめたり考察をしたりします。今日の課題は「同じふりこの場合、振れ幅がかわってもふりこが1往復する時間は同じだろうか?」です。個人で予想を立てた後、グループで話し合い、いよいよ実験開始です。実験方法を確認した後、子どもたちはストップウォッチを押して、10往復のタイムを計測していました。さて、予想通りの結果となったでしょうか?

分度器を使って

〔4月19日(月)〕

 今朝はかなり冷え込みましたが、午前10時を過ぎると暖かい日差しに覆われました。

 4年生の算数では、1組・2組とも「角の大きさ」の学習でした。角の大きさをはかるときに便利な道具が「分度器」です。子どもたちは、分度器の使い方を学んだ後、いろいろな角度をまず見通しを付けた後、分度器を使って確かめていました。慣れてくると、見通しと実測の誤差が小さくなっていました。

春を見つけた

〔4月16日(金)〕

 今日は朝から気温も高く、過ごしやすい一日となっています。今朝、ある通学班の集合場所に行くと、1年生が「先生、見てください。」と握りしめた左手をゆっくりと開いてみいせてくれました。持っていたのは3匹のダンゴムシ。そして、「葉っぱの下にいました。」と教えてくれました。早速朝から春を感じたのだろうなと感心しました。

 午前の授業では、生活科や理科の時間に校庭や裏庭で「春さがし」を行っていました。4年生の観察ノートはなかなかの観察眼で表現されていました。また、5年生は外国語の授業で大文字を書く学習を行っていました。

 中休みは、3月に寄付していただいた竹馬や一輪車が活躍していました。また、1年生に入ってきた弟や妹を紹介してくれるお姉さんもいました。

雨の中での登校

〔4月13日(火)〕

 今朝は雨の中での登校となりました。いつもより足取りも遅くなりましたが、新しい班長を中心に安全に登校することができました。

 新年度に入り、5年生と6年生で組織する委員会活動も、日常の活動がスタートしました。また、授業では、自画像を仕上げたり、体育で体つくりの運動をしたりしました。1年生は職員室や特別教室に入る際のあいさつや礼儀の学習をがんばっていました。

ピカピカの1年生が入学しました

〔4月8日(木)〕

 4月8日(木)、さわやかな天気に恵まれた中、始業式や入学式を行いました。今年度は、全校児童288名でスタートです。

 入学式は、来賓予定の皆様に参加自粛をお願いし、新入生39名と保護者、6年生、教職員で開催しました。入学児童報告では、新入生全員が元気な声で「はい!」の返事ができ、大変立派でした。

 いよいよ、令和3年度の学校生活がスタートします。コロナウイルス感染症拡大防止のために、家庭での毎朝の検温や風邪症状の確認をお願いします。また、今後計画しております学校行事や学習活動におきましても、愛媛県内や西予市内の感染状況なども踏まえ、臨機応変に対応させていただきます。どうぞ、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 また、ホームページの「野村小学校日記」につきましても、感染症拡大防止対応のために時間を使わせていただきたく、不定期での更新(週2回程度)となりますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

卒業式を行いました

〔3月25日(木)〕

 3月24日(水)卒業式を行いました。

 本校児童会の中心となり、リーダーシップを大いに発揮してくれた6年生39名が卒業しました。それぞれの進学先でしっかりと学び、心身ともに大きく成長されることを楽しみにしています。

 

また、本日25日、修了式を行いました。感染症対応のため、放送を利用して各教室での実施となりました。

※ 1年間ホームページをご覧いただいた皆様、ありがとうございました。「野村小学校日記」は、次回4月8日から再開いたします。

新しい竹馬・一輪車

〔3月23日(火)〕

 昨日、「野村町愛護班連絡協議会」の会長さんにお越しいただき、野村小学校に遊具を寄贈していただきました。寄贈品は一輪車4台と竹馬6組です。贈呈式では、児童会役員2名がお礼のあいさつを述べました。

 そして本日、お披露目です。朝の放送で、寄付していただいたことと仲良く交代で楽しむことを伝えた後、中休みには早速いただいた遊具で楽しく遊んでいました。

6年生との楽しい昼休み

〔3月19日(金)〕

 桜咲く中、本日は野村保育所と野村幼稚園の卒園式です。卒園される年長児のみなさん、おめでとうございます。4月からの入学を心待ちにしています。

 昨日と今日の昼休みは、卒業間近の6年生が下学年を誘って遊びの計画を立ててくれました。昨日の遊びは、「ひよこゲーム」でした。チームが一列になってオニから最後尾の仲間を守るゲームです。にぎやかな下級生に親切に接しながらゲームを進める6年生。とても和やかな時間となっていました。

 また、本日は「ブックママ」お二人による読み聞かせの最終日でした。今年度も1年間ありがとうございました。

桜が開花しました

〔3月16日(火)〕

 昨日、野村小学校正門の桜の木も、5輪以上の花が開花しました。野村小学校の開花宣言です。また、校内外では、桜以外の花も咲き誇り、春本番です。

 子どもたちは、穏やかな季節の中で、風車で遊んだり縄跳びをしたりして、元気に過ごしています。6年生は家庭科でミシンの操作に悪戦苦闘しながら、卒業制作に励んでいました。

 

大震災から10年

〔3月11日(木)〕

 今日は、3月11日。今から10年前、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生した日です。地震の規模はマグニチュード 9.0、震度7で、発生時点において日本周辺における観測史上最大の地震でした。

昨日の午後、全校児童に話をする時間に、10年前の大震災のとき勤務していた明浜町の小学校での経験について話をしました。

 内容は、①地震の後、津波到着予定時刻の連絡があり地域の方々や教職員が一斉に裏山の避難地点(標高31m)に避難したこと②すでに帰宅していた子どもたち一人ひとりの安否確認(各地域の避難箇所に避難できているか)をしたこと③震災から学んだことの3点です。

③の話の中では、「備え(心の準備と物の準備)」と「学習の積み重ね」の大切さを話しました。

最後に「3月11日は家族の人たちと命の大切さについて考える日にしてみませんか。」と締めくくりました。

 

 また、本日4年生は、乙亥会館内を訪問し、ガイドさんの説明を受けながら災害伝承室で学習を行いました。

 

立松和平氏作の「海の命」

〔3月9日(火)〕

 学校の築山では、椿の花が色鮮やかに咲いています。

 野村小学校のリーダーとして活躍してきた6年生39名も小学校生活残すところ10日余りとなりました。今日の国語の授業では、立松和平氏作の「海の命」の朗読を行っていました。主人公の思春期での生き様を通して、自分自身のこれからの歩みを考えることのできる素敵な教材です。この単元が終われば、いよいよ谷川俊太郎氏作の詩「生きる」で締めくくりとなります。

 1年生や2年生は、春の陽気の中で元気に体育を行いました。集団行動も体育で学びながら、ボールを使っての運動を楽しく行っていました。 

お別れ遠足・6年生を送る会

〔3月5日(金)〕

 今日は午前中にお別れ遠足、そして午後から6年生を送る会を行いました。

 遠足のスタート時はあいにくの小雨模様でしたが、39組の縦割り班が、自分たちで決めたポイントを目指して、元気よく出発しました。各ポイントでは、先生方が楽しい問題を準備して子どもたちを迎えました。帰校した子どもたちは、「つかれた~」と言いながらも楽しかったことをたくさん話してくれました。

 午後からは5年生が企画と運営をしてくれ、「6年生を送る会」を行いました。1年間お世話になった6年生に喜んでもらえるよう、1年生から5年生までが楽しい出し物をしてくれました。6年生の最後のあいさつは、下級生を思いやる気持ちが込められた素敵なあいさつでした。

クラブ活動の見学

〔3月3日(水)〕

 今日は、桃の節句をお祝いするかのような晴天となりました。

 6時間目は今年度最後のクラブ活動でした。クラブ活動は4年生以上が活動します。そこで、来年度4月からクラブ活動に参加する3年生は、クラブ見学を行いました。「ハンドメイド、ミュージック、バドミントン、科学」など、8つのクラブ活動の様子を順番に見学して回りました。

 さて、3年生は来年度の希望のクラブを見つけることができたでしょうか。

児童会役員選挙

〔3月1日(月)〕

 梅の香りが爽やかに漂う3月となりました。2月26日(金)の夜に行いましたPTA理事会・専門委員会では、多くの役員の皆様にお越しいただき、大変お世話になりました。

 さて、学校では、先週の金曜日の午後から、令和3年度前期の児童会役員選挙を行いました。選挙は、民主主義について学ぶことができる大切な機会です。

役員選挙のねらいは、

① 児童の自治的な集会の体験を通して、自分たちの問題を自分たちの手で解決しようとする態度を育てる。

②  自分たちの代表を自分たちの手で選出する活動により、児童会の一員である意識を高め、児童会活動への参加意欲の向上を図る。

等です。

 規約に従って、選挙管理委員会が2月5日の告示から取組を始めました。本日投票結果の報告があり、4月1日から新体制での活動が始まります。

森林林業教室(3年生)

〔2月26日(金)〕

 昨日の午後、3年生が森林林業教室を行い、多くのゲストティチャーにお越しいただきました。

 はじめに、木がどのようにして私たちのところに届くのかの学習をしました。スライドを見ながら真剣に話を聞き、メモを取ることができました。

 次に、椎茸の植菌をしました。ドリルで原木に穴をあけ、椎茸の菌を植えていきました。家庭に一本ずつ持って帰って育てます。今年の秋ごろから生えてくるそうなので、今から楽しみです。野村町林業研究グループのみなさん、ありがとうございました。

児童集会を行いました

〔2月24日(水)〕

 先週の金曜日、児童集会(野村小ギネス)を行いました。この活動は「特別活動(学級活動・児童会活動・クラブ活動・学校行事)」のうちの「児童会活動」に分類されます。

今回の目標は、2点です。

○ 児童自身の計画による集会活動を通して、仲良く助け合うとともに、学校生活をよりよくしようとする態度を育てる。

○ 児童一人一人が自分の希望に合わせて様々な種目に挑戦する活動を通して、互いによさを認め合うとともに、所属感や充実感を味わわせる。

 子どもたちは「フリースロー、ストラックアウト、紙ひこうきとばし、紙ちぎり、フィルムケース積み」など11種類の種目から興味深いものを選んでチャレンジしていました。5年生と6年生が各コーナーの担当となり、親切にお世話をしてくれ、全校で交流しながら楽しい時間を過ごすことができました。

マラソン大会に参加して(日記)

〔2月19日(金)〕

 今日は昨日の積雪から一転、上天気となっています。今日は今年度12日目の全員出席日となりました。3校時からは「野村小ギネス集会(児童集会)」が行われます。

 2月16日(水)に行ったマラソン大会の日記が届きましたので、紹介します。

【2年生男子児童】

 今日は、マラソン大会でした。おうちの人がいっぱいきていました。さいしょはドキドキしたけれど、だんだん楽しくなってきました。1いにはなれなかったけど、とても楽しかったです。タイムは3分54びょうでした。

【6年生男子児童】 

 今日、マラソン大会がありました。僕のこれまでの自己ベストは、6分30秒でした。今日の目標は5分台。・・・結果は6分19秒でした。順位は、5年生の時は40位だったけれど、今年は8位でした。「やっぱり努力は裏切らないなあ。」と思いました。前よりもめっちゃ早く走りきることができてよかったです。

校内マラソン大会

〔2月17日(水)〕

 2月16日(火)午前中に校内マラソン大会を実施しました。今年度は、感染症対応のため、学校敷地内で周回コースを設定し、またスタートでの密を避けるために、低・中・高学年グループをそれぞれ4つに分けて行いました。

 天候にも恵まれた中、ご家族や幼稚園児の皆さんの声援を力にかえ、目標に向かって走りきることができました。

「ブラのむら ~ジオ×防災 まちを歩いて考えよう~」

〔2月15日(月)〕

 先週の金曜日、6年生は乙亥タイム(総合的な学習の時間)に「ブラのむら ~ジオ×防災 まちを歩いて考えよう~」と称して、校外学習を行いました。

 これまで、洪水や地震についての学習を進めてきましたが、実際にまちを歩き、2年前の豪雨災害のときの様子や、野村の町の地形の特徴などを学びました。

愛媛県歴史文化博物館から専門学芸員 大本先生

西予市より 西予市ジオパーク推進室 榊山主事

他にも復興支援課・危機管理課、地域の「語り部018野村」のみなさんのご協力をいただき実り多い学習をすることができました。地名の由来、ジオの観点から見た水害との関係など初めて知ることばかりで、これからの野村を担う子供たちに、大切に伝えてほしい内容ばかりでした。

①三嶋神社は、昔から大切にされてきました。水害にはあいましたが、本殿を高くする工夫により奥の神様は難を逃れました。 

 

②権現神社は、野村の町を見守り続けてきた大きなイチョウの木があります。昔から人々が集う場所に植えられていたのでしょう。野村の歴史についても学びました。

 

③野村には石のつく地名がいくつかあります。ジオの視点からも野村を見てみると新しい発見がありました。

 

④豪雨災害の時には2m70cmもの浸水がありました。そのことを示す表示が町中にはあります。

 

 ランキングの発表

〔2月12日(金)〕

 3年生と5年生の4クラスは、2学期から「えひめITスタジアム チャレンジ部門 8の字ジャンプ」に参加し、県内の他校の仲間と競っていました。つい先日、今年度のランキングの発表がありました。

3年1組 91回、 3年2組 79回

5年1組 613回(2位)、 5年2組 412回(26位)という結果でした。

 目標を立て、仲間と心を通わせながら取り組んだ時間は、大変貴重で価値のあるものとなりました。

クリック →  えひめITスタジアム

角柱・円柱の作図

〔2月9日(火)〕

 今日の5年生の算数は「角柱と円柱」の学習でした。

 先週は、「角柱・円柱の仲間分け」「底面の数や側面・頂点・辺の数調べ」を行いました。今週からは、「見取り図・展開図の書き方」の学習です。円柱の展開図では「側面の横の長さ=底面の円周の長さ」を利用して、ていねいに作図をしていました。コンパスの使い方も上手でした。

研究授業を行いました(3年生 保健)

〔2月5日(金)〕

 小学校では3年生以上の学年で、体育の時間に下記の内容で保健の学習も行います。

3年生・・・健康な生活

4年生・・・体の発育・発達

5年生・・・心の健康、けがの防止

6年生・・・病気の予防

今日は、3年生で保健の授業がありました。「健康に過ごすためには、明るさの調節や換気などの生活環境を整えることが必要である」ことの学習です。実際に暗い部屋やにおいのある部屋を用意して、子どもたち自らが気づき、考えることのできた授業となりました。本校の健康管理の中心として勤務している養護教諭もティームティーチングで授業に参加し、子どもたちの実践意欲の向上につながりました。

ちなみに学校の環境衛生基準は「学校保健安全法」で決まっており、照度は500ルクス以上が望ましい、換気は二酸化炭素1500ppm以下、温度は10°以上30°以下などとなっています。

立春はさわやかな上天気でした

〔2月3日(水)〕

 昨日はいつもより一日早い節分、今日は立春です。

 昨日は、来年度入学児童の保護者説明会でした。来年度の入学児童数は、現在のところ39名の予定です。

 立春の今日は快晴に恵まれました。子どもたちの学校生活は、体育委員会が準備した音楽に合わせて朝のマラソンや縄跳びからのスタートです。教職員も一緒に行い、体を適度に温めて一日が始まります。

 中休みは子どもたちのリラックスタイム。遊具で遊んだり鬼ごっこをしたり。今日は「太陽の塔ごっこ・自由の女神ごっこ」などユニークな遊びも見られました。

 授業では、2年生は次の参観日に向けての練習、3年生はビー玉遊び(コリントゲーム)の製作、4年生は理科で金属の温まり方の実験、5年生はパソコン室で環境に関する調べ学習と、多様な学びをしていました。

1m物差しを持っての学校探検

〔2月1日(月)〕

 いよいよ今日から2月です。今月は20日(土)に参観日が予定されています。その際、西予市教育委員会から「GIGAスクール説明会」も計画されていますので、よろしくお願いいたします。

 さて、先週末2年生は「100cmをこえる長さ」の学習を行いました。初めて1mという単位を学習し、1mの量感を感じた後、1m物差しをもってお友達と校舎内を探検しました。まず予想をした後実際に計測し、自分の量感を確かめていました。

 1年生は紙版画の完成です。バレンをつかって紙をこすった後、出来上がった作品をお友達と慎重に運んでいました。

 特別警戒期間の中、給食の時間は引き続き「前を向いて、静かに」が続いていますが、消毒等予防を行い、2月も校訓のように「一生懸命」学校生活を送ってほしいと願っています。

安全な登下校のために(各通学班でよい伝統を)

〔1月27日(水)〕

 週末から週初めにかけて雨天となり、雨の中での登下校もありました。雨天時は、いつも以上に交通安全に気をつけての登下校となりますが、地域の皆さんに見守られ、また高学年の班長・副班長がリーダーとなり、安全に通学できています。

 雨の日は、カルタをしたり絵をかいたり、ある学年はハンカチ落としをしたりして、休み時間を過ごしていました。

 先日はある地区の集合場所の変更についてのご相談もありました。ご相談を受け、担当職員が関係の子どもたちに変更内容を伝えました。その際、①集合時刻に間に合うよう集まること②少々遅れてでも、低学年の子どもたちを安全に連れてくることなどを確認しました。統合後6年となり、徒歩通学の通学班、バス通学の通学班とも、「安心・安全な登下校」を第一目標として、「高学年になったら下級生をやさしく導いてくれる」よい伝統ができています。今後とも、保護者の皆様のサポートをお願いします。

 今日の校長訓話は、「交通安全」についての話でした。まず、午前中に各教室に配った「交通安全スローガンクイズ」の答えを発表した後、「交通安全子供作品集」の作品を紹介しました。下校した子どもたちに作文の内容を尋ね、家族で話題にしていただけると幸いです。

心を一つに 縄跳び練習

〔1月24日(日)〕

 3学期に入って新年の目標発表会を行いました。例年は体育館で実施しますが、今年は感染症対策のため校内放送を利用して行いました。各学年の代表児童が、給食時の校内放送で2名ずつ発表してくれました。

 登校後は、体育委員会が計画をしてくれ、マラソンや縄跳びなど「朝の体力づくり」がスタートしました。

 また、子どもたちは、中休みや昼休みも縄跳びをして楽しむ姿が増えてきました。その中で、5年生は、「えひめ子どもスポーツITスタジアム」に参加し、2学期末からずっと8の字ジャンプ(1人が入って1回跳んで出る。次の人が入って1回跳んで出るという跳び方で順々に入って跳んで出ていくという運動・・5分間)の練習を頑張っていました。22日(金)は、いよいよチャレンジ最終日。6時間目の体育では跳ぶ前にみんなで気持ちを高めあい、心を一つにしていました。その結果、見事チーム最高回数を記録することができていました。

 コロナ禍で、なかなか他校の仲間と競うあう経験ができにくい1年でしたが、ITスタジアムへの参加は、記録を競い合うだけでなく、「心・技・体」の成長につなげることができたよい機会となりました。

 

様々な学習活動

〔1月18日(月)〕

 3学期早々の積雪で、先週は大変寒い一週間でした。

 今週「大寒」を迎えますが、気象情報では、今週中盤から最高気温が10度を上回る予報が出ています。そんな中、今日の午前中、子供たちは1月らしい学習に熱心に取り組んでいました。

 1年生は、12月までを振り返り、紙版画や絵で思い出を形にしていました。3年生は地域学習の一環でコンピュータを使っての学習、5年生は木版画の多色刷り、6年生はミニ条幅を使っての書初めや電気の学習を行いました。また、4年生は寒風の中での持久走で心と体を鍛えました。

 全国的にGIGAスクール構想の関係でオンライン学習の準備が進められています。西予市でも、3年度からの運用を目指しています。2月の参観日の際に約20分程度説明会を計画していますのでご承知おきください。

 

第3学期が始まりました

〔1月8日(金)〕

・寒い朝 ふとんがのいて くれません

・ぼくとねこ 気づけばいっしょに こたつの中

・あさごはん パンとココアで あたたまる

(※ 6年生の作品です。) 

 新年、おめでとうございます。

 3学期初日は、今季一番の寒波で雪の中での登校となりました。保護者の皆様には、早朝から学校からのメール配信にご対応いただき、ありがとうございました。

 久しぶりの登校でしたが、寒さ対策を講じながら、みんな元気に活動しました。1年生は計算カードを使って復習をしたり漢字の読み書きの復習をしたりしました。また、5年生は冬休み中に作った俳句を掲示用のカードに仕上げていました。

 明日から3連休に入りますが、健康に留意して元気に過ごしてほしいと思います。

 

第2学期終業式を行いました

〔12月25日(金)〕

 本日は第2学期の最終日です。全校で大掃除をした後、終業式を行いました。

 11月20日から、愛媛県が感染警戒期に移行した関係で、体育館には集まらず、子供たちは教室で参加しました。

 校長式辞では、

①チームワークを発揮して秋の運動会をみんなで作り上げたこと

②ご家庭のご協力により、6年生が無事修学旅行を行うことができたこと

などを話しました。そして「冬休み中は、命・健康を守るために①マスクを着けて外出すること、②消毒や手洗いをしっかりとすること」を話しました。

 学級活動では、図書の本を借りたり机やロッカーの片づけをしたりしました。

 いよいよ13日間の冬休みとなります。2学期も子供たちの見守り活動にご協力いただきました野村地域の皆様。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。皆様、よい年をお迎えください。

 

自衛隊表敬訪問

〔12月21日(月)〕

 12月18日(金)、自衛隊の皆様の表敬訪問がありました。

 2年前の豪雨災害時にいろいろと助けていただきましたが、「その後、野村の子どもたちは元気に生活しているだろうか」と気にかけていただいていました。

 昼休みに全校で展示車両の見学を、5時間目は上学年が体育館で交流会に参加しました。

 交流会では、自衛隊員の職務について説明を受けた後、たくさんの質問に答えていただきました。その後、訪問に対するお礼として、6年生が「のむらのうた」を披露しました。

 2時間足らずの交流でいたが、実り多い時間となりました。

避難訓練を行いました

〔12月17日(木)〕

 12月17日(木)午前11時に「シェイクアウト愛媛(県民総ぐるみ地震防災訓練)」に参加し、避難訓練を行いました。

 地域放送が流れた後、子供たちはまずその場で1分間程度「まず低く、頭を守り、動かない」の安全行動をとりました。学級担任は、3つのことが守れているか確かめました。

 その後、火災発生の放送を行い、子供たちは放送の指示に従って運動場に避難しました。

 最後に校長が講評を行い、「何のために避難訓練をするのか」をみんなで考えた後、「率先避難」の大切さを話しました。そして、真剣な表情で訓練に参加できていたことをしっかりとほめました。

祝 優勝

〔12月10日(木)〕

祝 優勝!!

うれしい知らせが届きました。

野村ジュニアソフトボールクラブの皆さんが「愛媛県小学生ソフトボール大会」に出場し、見事優勝されました。

おめでとうございます。

学期末が近づいてきました(2学期のしめくくり)

〔12月8日(水)〕

・干し柿が オレンジ色に 窓染める

・お正月 お餅が伸びる ビヨヨヨ~ン

・鍋の肉 兄と取り合う 母食べる

廊下に掲示される子供たちの俳句も、冬の季語になってきました。

 各学年では、2学期の締めくくりの学習が行われています。

 

4年生は、ジオ見学の新聞つくり、5年生は算数科で「割合」を、6年生は国語で「狂言 柿山伏」の学習を行っています。国語辞典を活用して、「山伏」「横着者」などの語句の意味調べを行っていました。

「いじめSTOP会議」を行いました(リモート開催)

〔11月29日(日)〕

 11月27日(金)2時間目に、本校6年生は、大野ヶ原小学校5・6年生とのリモートにより「いじめSTOP会議」を開催し、いじめをなくす活動について相互発表・意見交流を行いました。

  大野ヶ原小学校の仲間とは、10月に連合で行った修学旅行・青少年交流の家利用活動以来の再開でした。

 まず、調べ学習で明らかにした「昭和61年から平成25年までの“いじめの定義の変遷”」について、共有しました。

次に、野村小学校児童会が考えたいじめの定義「悪口や暴力など、自分がされて嫌なこと」を発表しました。そして、いじめを起こさないための野村小学校の取組(以下参照)を紹介しました。

 ①西予警察署野村交番、交通安全協会野村支部、更生保護女性会、商工会青年部、保護者などの協力による「登校時の挨拶運動」

 ②良いことをした人に贈り、4つたまるとクローバーになる「クローバーカード」の作成・活用

 ③勇気づけられた言葉、言われてうれしかった言葉を入れる「スマイルボックス」の設置とお昼の校内放送での紹介

 ④豪雨災害やコロナ禍で困っている人の応援歌として作詞した「野村のうた」

 ⑤児童会の発案による「2学年間(6年生と他学年)遊び」

 続いて、大野ヶ原小学校が伝統的に守っている5つの約束(以下参照)などの発表を聞きました。

 〇4つのダメ『無視・ひそひそ話・仲間外し・うそ』、気を付けたい言葉づかい 

 最後の意見交流・感想では、

 〇 大変参考になる取組の発表でした。まねしてみようと思います

 〇 自分たちと共通の取組もあり、うれしかったです

など、お互いの活動に対する賞賛が自然に溢れ、今後の活動意欲向上につながりました。

 他校との交流により、大変充実した「いじめSTOP会議」になりました。

「木育」の授業(4年生)

〔11月26日(木)〕 

 4年生は、総合的な学習の時間の一環で、保護者でシイタケ栽培のプロである高橋さんと西予市野村支所産業建設課の宮本さんをお招きして、「木育」の授業を行いました。

「木育」とは、幼児期から原体験としての木材との関わりを深め、豊かなくらしづくり、社会づくり、そして森づくりに貢献する活動です。

 3年生の2月にシイタケの植菌をして、約9カ月。

 ・ 原木にシイタケの菌がいきわたり、木が腐るまで収穫できること

 ・ 気温が12℃以下になったら成長し、35℃以上になったら死んでしまうこと

 ・ 原木に埋め込まれている発泡スチロールは、自然浄化するものを使用していること

など、たくさんの興味深い内容を分かりやすく教えていただきました。

 最後に、11月なので出席番号11番の児童にサプライズプレゼントをいただきました。西予の自然環境保全の重要性等を楽しく学ぶよい機会となりました。

 

 

ジオパーク見学(城川町)

〔11月20日(金)〕

 11月13日(金)、4年生は、最終のジオパーク見学に行ってきました。

 今回のジオポイントは、城川町です。天候にも恵まれ、楽しく黒瀬川エリアを堪能してきました。主な見学地は「穴神鍾乳洞・地質館・下相の海底地すべり跡・龍澤寺・堂の坂の棚田」です。

 主要な見学を終えた今後は、エリアごとのジオ新聞を作成する予定です。学びの成果(ジオ新聞)を、お楽しみに…。

 

落ち葉はきのボランティア活動

〔11月16日(月)〕

 先週から晴天が続き、野村小学校でも校外に出ての体験学習が盛んです。3年生は中筋に出向き、また4年生は城川町のジオ学習を行いました。

 また、芸術の秋らしく、各学年では造形活動も行われています。

 運動場では、鉄棒遊びやブランコ遊びの他、高学年の子どもたちが低学年の子どもたちに声をかけ、異学年で楽しく遊ぶ姿も見られます。

 遊んでいると秋風を受けて野村小学校のシンボルツリーの一つでもある大イチョウの葉が一斉に落ち、あっという間に黄色いじゅうたんが出来上がります。イチョウの下では低学年の子どもたちが大はしゃぎ。これは、毎年見られる野村小ならではの光景です。

 また、落葉に合わせて、朝のボランティア活動も始まりました。しばらくの間、みんなで力を合わせてがんばります。

 

PTA古紙回収

〔11月8日(日)〕

 11月8日(日)午前に古紙回収を行いました。まず、各地域で古紙を回収した後、野村畜産センターに運び、新聞・雑誌・段ボール・牛乳パックなどに分別しました。パレットに積んだ後、4名の方がフォークリフトを使ってトラックに積み込みました。

 厚生委員会の皆様のリーダーシップのもと、安全に気を付けながらてきぱきと作業を進めることができました。

 古紙回収にご協力いただきました野村小学校校区の皆様、古紙回収の作業に当たっていただきましたPTA会員の皆様、ご協力をありがとうございました。

宿泊体験活動を行いました(5年生)

〔11月4日(水)〕

 5年生は、10月26日(月)から1泊2日で大洲青少年交流の家利用活動に行ってきました。

 〇 仲良く助け合って活動し、楽しい生活にしよう。

 〇 何事にも挑戦し、心と体を鍛きたえよう。

など、5つの目当てを持って参加しました。

 まず、1日目は、入所式の後、ユニカール・スポーツクライミング・ウォークラリー・キャンドルの集いを行いました。ウォークラリーでは5.4キロコースにチャレンジしました。そして、行き先を確かめたり問題を解いたりする場面で、チームワークを発揮しながら楽しく活動しました。夜に行ったキャンドルの集いでは、協力して出し物を披露し、大いに盛り上がりました。

 2日目は、カヌー・レクリエーションを行いました。カヌー体験が初めての児童がほとんどでしたが、すぐにコツをつかみ、バディーと協力しながら安全に楽しく活動しました。

 とても実り多い2日間となりました。

 

 

 

ジオ学習(大野ヶ原)4年生

11月2日(月)

 10月23日(金)に、4年生は、ジオパーク見学に行ってきました。

 今回のジオポイントは、大野ヶ原です。前日からの雨で天気を心配していましたが、大野ヶ原に着く頃には雨も上がり、高原の自然を満喫しました。とはいっても、源氏ヶ駄場では、いきなり冬を思せるほどの吹きっさらしの冷たい風に、身が縮みました。

 大野ヶ原小学校で昼食をとり、ブナの原生林に向かう頃には暖かな日差しに包まれ、森の豊かな自然に触れることができ満足しました。大野ヶ原、惣川小学校の4年生との交流も深めることができました。

 次回は11月13日、城川の魅力を発見しに行きます。

修学旅行2日目、3日目

〔10月30日(金)〕

 10月22日(木)は、高知から徳島そして香川県へ移動しました。見学先は4か所で、祖谷のかずら橋、藍染め体験、鳴門の渦潮、四国水族館です。4か所とも初めて訪れた児童がほとんどでした。かずら橋ではいつも威勢のいい子が恐る恐る渡る様子が印象的でした。また、藍染め体験は、全員が好みの模様を選択してハンカチを染め、よいお土産となっていました。

 10月23日(金)は、金毘羅参拝とレオマワールドでした。さすが6年生、金毘羅名物の長い石段もすいすいとかけ上がっていました。レオマワールドでは、アトラクションを楽しむとともに、お土産の買い物を楽しみました。

 例年とは違うコースでの旅行でしたが、天候にも恵まれ、最高の思い出づくりができました。なにより、全員が参加できたことが、一番の収穫となりました。

 

修学旅行に行ってきました

〔10月28日(水)〕

 10月21日(水)から、野村町内3つの小学校で、四国内2泊3日の修学旅行に行ってきました。

 1日目の見学先は「龍河洞」「桂浜・龍馬記念館」「牧野植物園」「高知城」の4か所です。自然や歴史的文化財に大いに触れることができた一日となりました。

高知城にて

渓筋探検(3年生)

〔10月16日(金)〕

 10月14日(水)に、3年生は渓筋探検に行きました。

 ずっと楽しみにしていた地域探検で、子どもたちは、意欲満々でした。
 まず、渓筋支所の小野さんに案内していただき、「うら見滝」に行きました。途中の坂道が急で、ハアハアと言いながら登っていきましたが、下りになった直後に滝が見えて、子どもたちから「わあー、滝だ!」と大きな歓声が上がりました。滝の裏から見ると、水の一粒一粒が、ガラス玉のように輝いていました。
 その後、経塚に行きました。48の経筒が出土した場所ですが、とてもきれいに整備され、地元の人たちが大切にしている様子がうかがえました。

 これからも、地域学習を進め、郷土愛につなげていきたいです。

愛媛県「環境マイスター」と学習しました

10月9日(金)

 10月5日(月)、2年生と4年生は、松山から愛媛県環境マイスターである武知悦子さんをお招きして、環境(エネルギー)をテーマにした学習会を開催しました。
 学習会では、電気エネルギーによって便利な現代と電気エネルギーのなかった江戸のくらしを比べながら、現代生活に不可欠なエネルギーについて改めて考えました。
 また、カラスの指人形や腹話術の人形ぐりおくんの登場で、興味深く、また楽しく分かりやすく学ぶことができました。
 子どもたちからは、エネルギー資源について楽しく学ぶことができたと感想発表がありました。今後、この学習会で学んだことを生かし、限りある資源を大切に活用していこうという意識を一層高めていけたらと考えています。

 武知さん、ぐりおくん。また野村小学校に遊びに来てね!!

ジオ見学に行きました(4年生)

10月7日(水)

 10月2日(金)、4年生は、ジオパーク見学に行ってきました。

 今回のジオポイントは、三瓶町の須崎海岸、かくれの里、宇和町の観音水です。7月の大雨の影響で、海岸の遊歩道に下りることができず残念でしたが、須崎観音の所から見るリアス海岸の絶景に目を見張りました。三瓶湾を回り、対岸のかくれの里に行く途中、寝観音を見ることもできました。

 暑いくらいの好天気でしたが、観音水に着くと、森のひんやりした空気に心洗われるようでした。洞窟からあふれ出る一日8000トン、水温14度の「名水」をこの目で確かめました。

 大野ヶ原小学校、惣川小学校の4年生との交流も深めることができ、次の23日の再会を楽しみにお別れしました。

♯ベスト避難チャレンジ~大切な人の命を守るアイデアをシェアしよう~

〔9月30日(水)〕

 9月28日(月)6年生は総合的な学習の時間に、「防災学習会」を行いました。

 大切な人の命を守るためには「早期避難」「最適な避難先」を事前に想定しておくことが大切となります。今回は、人気クリエイター・フィッシャーズとコラボレーションして、水害から命を守るためにはどうしたらよいかについて学習しました。

 テーマは、「避難をためらう人にどのような声がけをしていくか」です。動画の3コマ目に、避難を促す言葉を入れて考えます。4コマ目のすぐ避難しよう!と思う行動に移すにはどのような声掛けが必要なのか一生懸命考えました。

 まず個人で考え、そしてグループでの検討、最後にグループの考えとして全体の場で発表しました。難しくてかなり悩みましたが、みんな真剣に考えました。2年前の教訓からアイデアを考えた児童もいました。今後につながるよい学習会となりました。

【優勝おめでとう】

野村ミニバスクラブの皆さんが「鬼北町球技スポーツ少年大会」に出場し、見事優勝されました。優勝旗を児童玄関に飾りました。

 

「どすこいで 力のかぎり 運動会」

〔9月28日(月)〕

 9月20日(日)「どすこいで 力のかぎり 運動会」のスローガンのもと、野村小学校運動会が開催されました。感染症拡大防止対策を講じた中での運動会で、多くの面で工夫をしながらの開催でした。そんな中、子供たちは、6年生のリーダーを中心に、心を一つにして演技に取り組んでくれました。様々な制限の中での運動会開催にご協力いただきました、ご家族の皆様、地域の皆様ありがとうございました。