ブログ

野村小学校日記

乙亥会館を訪問しました(6年生)

〔7月10日(金)〕

 7月9日(木)、6年生全員で乙亥会館を訪問しました。

 まず、追悼献花台に準備していただいた花を献花し、犠牲となられた方々のご冥福をお祈りしました。

 そのあと、ロビーに設置していたモニターから流れていた「のむらからの手紙~応援するけんがんばってや~」のVTRをみんなで視聴しました。この歌は、復興支援課の皆さんに協力いただいて、アカペラコーラスグループのINSPi(インスピ)さんと作った歌です。新型コロナウイルスにより不安感に包まれた今だからこそ、2年前に受けた支援への感謝を歌にして伝えることができないかと考え、オンライン授業を積み重ねて作りました。野村の子供たちのやさしさや素直さがいっぱいの歌となりました。途中からは、VTRに合わせてみんなで歌いました。

 コロナ禍や大雨警報発令による臨時休業など、多難な1学期となっていますが、保護者の皆様や地域の皆様に支えられ、子供たちはすくすくと育っています。今後とも地域の宝である野村の子供たちをよろしくお願いいたします。

クリック→  「野村からの手紙~応援するけんがんばってや~」   

 

租税教室をおこないました

〔7月6日(月)〕

 7月3日(金)、6年生は、八幡浜税務署より講師の方にきていただき、租税教室を行いました。 

 授業では、「税金はなぜ必要か」について話をしていただいたり、税金クイズをしたりしながら楽しくわかりやすい授業をしていただきました。また、1億円の入ったジュラルミンケースを用意していただいてその量を実感したり、国の予算が約100兆円であることを教えていただいたりもしました。

 ビデオ視聴では、世の中から税金がなくなったとしたら・・・というテーマ内容で、視聴後の感想では、税金がとても大切だということがよく分かったという意見がたくさん出ました。税金の必要性についていろいろな勉強ができた1時間でした。

 

交通安全教室をおこないました

〔6月24日 (水)〕

 6月23日(火)、西予警察署・交通安全協会野村支部・保護者の皆様のご協力を得て、4年生児童を対象に交通安全教室を実施しました。運動場に特設コースを設置し、子どもたちが実際に自転車に乗りながら、真剣に交通ルールについて学習ました。
 交通事故は、絶対にあってはならないこと。引き続き、子どもたち大切な命の見守りをお願いいたします。

運動場のイブキの木

〔6月22日(月)〕

 先週の金曜日は、大雨警報発令に伴う臨時休業の対応をありがとうございました。

 安全の日である6月20日が休日であったため、今日22日には、野村交番の警察の皆さんや地域の交通安全協会の皆さんが登校の安全指導をしてくださいました。

 さて、運動場の南側、国道に近いところに生育する立派なイブキの木をご存知ですか。上学年の子どもたちが時々木登りをして楽しんでいます。保護者の皆様の中にも、小学生のころ木登りをした経験をお持ちのある方もおられることでしょう。

 このイブキの木ですが、四方に広がる枝の一本に亀裂が入り、うんていに寄りかかっていたので、さっそく職員で枝の伐採を行いました。おかげで、そばにある鉄棒やうんていでの遊びは、いつもどおりにできるようになりました。

 夏の暑い時期には、大きな陰を提供してくれるありがたい木でもあるイブキの木。大イチョウとの木とともに、こらからも大切に管理していきたいと思います。

クロッキーにボール運動

〔6月9日(火)〕

 完全登校3週目です。今日も、各学年で、様々な授業が行われました。

 4年生はクロッキー。モデルの児童がポーズをとり、はしペンを使って表現しました。また、総合的な学習の時間では、インターネットの調べ学習です。情報にたどり着くために、検索の工夫をしていました。

 6年生はボール運動です。ベースボール型のゲームをする中で、ルールや作戦を工夫して楽しく競い合っていました。

 休み時間には、子供たちから「ホタルを見に行った。」「ツバメがひなを生んだ。」など、自然豊かな地域ならではの話も聞かせてもらいます。各地では、真夏日を通り越して猛暑日のところも出始めました。「しっかり食べる、しっかり寝る」など規則正しい生活をして、明日以降もが元気に登校してほしいと思います。