ブログ

野村小学校日記

春を見つけた

〔4月16日(金)〕

 今日は朝から気温も高く、過ごしやすい一日となっています。今朝、ある通学班の集合場所に行くと、1年生が「先生、見てください。」と握りしめた左手をゆっくりと開いてみいせてくれました。持っていたのは3匹のダンゴムシ。そして、「葉っぱの下にいました。」と教えてくれました。早速朝から春を感じたのだろうなと感心しました。

 午前の授業では、生活科や理科の時間に校庭や裏庭で「春さがし」を行っていました。4年生の観察ノートはなかなかの観察眼で表現されていました。また、5年生は外国語の授業で大文字を書く学習を行っていました。

 中休みは、3月に寄付していただいた竹馬や一輪車が活躍していました。また、1年生に入ってきた弟や妹を紹介してくれるお姉さんもいました。